需要がたくさん!デリヘルドライバーという仕事

デリヘルドライバーとはどれ程の需要があるのか?デリヘルドライバーの求人は多く存在するのか? - 需要がたくさん!デリヘルドライバーという仕事

需要がたくさん!デリヘルドライバーという仕事

trsyjrjys
あなたは、デリヘルで遊んだことはありますか。男性ならば1度くらいは、遊んだことがあるのではないでしょうか。いろいろなサービスがあって、お店を変えるだけでもガラッと変わります。
そんなデリヘルは女の子がメインで、仕事を頑張っていますが、お店を支えているのは女の子だけではありません。女の子の送迎をするドライバーの存在も大きいのです。

デリヘルドライバーの仕事内容は

デリヘルドライバーの仕事内容は主に女の子の送迎です。女の子も仕事では全然車を使わなくても仕事ができるようにと、お店が送迎をすることになっています。
女の子の自宅やその周辺から、お店までの送り迎えをしています。さらにお店からお客さんのいるホテルや自宅までの送迎をします。けっこう、デリヘルドライバーの仕事は忙しく、ひとりの女の子を送ったら、次の女の子を送ったり、迎えたりとひっきりなしに送迎を繰り返します。あるデリヘルでと、カーナビをつけてルートをお店から、指示するなんてこともあります。それだけ、時間を有効につかったり、お客さんのもとへ送り届けるのを遅刻しないようにということでしょう。
次にお店の備品や必要なものの買い出しをするケースもあります。この場合も、お金はお店が出します。
送迎の合間に買い物ということもあるのです。
そして、店番です。店番とはお客さんからかかってくる電話を受け取って、予約を受付したり、サービスの内容を説明します。あまり店番や電話番をすることは少ないでしょう。

デリヘルドライバーの需要とは

では、そんな仕事をしているデリヘルドライバーですが、なるにはどうしたらいいでしょうか。それはデリヘル店の求人に応募することです。大抵のお店では年中、女の子の募集をかけていますが、男性スタッフの募集もけっこうかけています。確かに応募しても今はいらないなんて、断られることもありますが、けっこうそのまま面接にということも多いです。というのも、デリヘルドライバーもずっといるとはかぎらなくて、不足しているというお店もしばしば見受けられます。店番もいなくて送迎をしながら電話をとっているなんてお店もあるくらいです。しかも、デリヘルドライバーもあまり続かないこともあり、デリヘルドライバー求人を応募してくれるとかなりありがたいと思われるのです。こうしたことからも、けっこうデリヘルドライバーには需要はあると言えるでしょう。

デリヘルドライバーは、採用されやすいのか

需要はあるというのですが、採用はされやすいのでしょうか。そもそもの募集がだいたい25歳以上の運転できる人を求めています。その条件に当てはまって、あとは面接となります。面接時には運転歴や道や地名に詳しいかが聞かれます。仕事柄、道や地名に詳しくないひとはあまり向いていません。また方向音痴も向いていません。安全運転第一ですが、はやく女の子を送り届けないといけないので、道に詳しい人を求めています。
そうした条件に当てはまれば、あとは、条件次第となります。お店としてはどのくらいの日にちと時間を仕事できるかによります。
最近では、副業としてもデリヘルドライバーは成り立つということで、注目を集めています。副業でもいいからとシフトを組んでくれるお店もあります。その一方で、本業として週に数日出てくれたら、それはかなりお店としても助かります。これならば、かなり採用される確率も高まります。
けっこう体験談を見ると、即採用もよくあるので、けっこうやり易い仕事とも言えそうです。

最後に

あまりいいイメージはありませんが、副業としてもそれなりに稼げますし、本業にしても稼げます。需要も高いので、デリヘルドライバーをはじめてみるのもいいかもしれません。